iPhoneからSSHコマンド実行・Webhook連携もできる公式アプリ「ショートカット」を活用する

雑記

SSHアクションを選択する

iPhone で SSH コマンドを実行したり、Webhook 連携を組み立てることが可能となりました。
Apple 公式アプリの「ショートカット」を使って実現できます。

「ショートカット」アプリの概要と、簡単な活用事例をまとめました。

iPhone から SSH や curl が実行できる

「ショートカット」アプリでは、多くのアクションが用意されています。
その中には「SSH」や「URL 取得」などが含まれており、かなり遊べるアプリになりそうです。

URL 取得は GET に限らず POSTPUT も可能で、簡単なリクエストであれば iPhone からサクッと実行できます。簡易 curl のように使えます。

SSH では複数のコマンドを一度に実行できるほか、他アクションとの連携も可能です。
iPhoneからSSHを実行する方法

iOS 12 で Apple 公式アプリ「ショートカット」を使用

これらの操作には、iOS 12 以降でサポートされている Apple 提供の無料アプリ「ショートカット」を使用します。アクションは多数ありますが、特に面白そうなものをピックアップしてみました。

  • 指定した URL にリクエストを送信する(POST も可)
  • SSH 経由でコマンドを実行する
  • iPhone のデバイス状態を変更する

Apple公式アプリ「ショートカット」で出来ること

 
プログラミングのように、ユーザ入力を受け付けたり、変数操作やループ処理も実行できます。(小さい画面でポチポチ組むのは辛いかも)

iPhoneでスクリプトを組むことが可能に

 
これらを組み合わせることで、幅広いアクションが可能となります。

iPhone から SSH コマンドを実行する

App Store から「ショートカット」アプリをインストールしておきます。
アプリを起動後、ショートカットを作成 をタップ。

新しいショートカットを作成

 
アクションの検索欄が出てくるので ssh を検索して選択。

SSHアクションを選択する

 
接続情報とコマンドを入力し、上部中央にある実行ボタンで開始。

iPhoneにSSH接続情報を入力して保存する

 
結果が出力されました。アクションを後ろに繋げると、この文字列がパイプのように渡されます。
(複数アクションを組み合わせたサンプルは後述します)

右上の変なボタンから、保存する際の名称やアイコンが設定可能です。

ホーム画面やウィジェットからワンタップ実行

作成した処理は、ホーム画面やウィジェットに追加できます。
アイコン色やロゴも自由に設定可能です。

作成したショートカットのアイコンを設定する

 
特にウィジェットは便利で、アプリを立ち上げずにサクッと実行できます。家電操作系のコマンドと特に相性が良いでしょう。

iPhone で REST API を叩いて JSON をパースする

せっかくなので、一つ例を作ってみました。
以下の URL にリクエストを投げ、スプラトゥーン2の現在のステージ情報を JSON で取得、JSON をパースしてステージ情報だけを抜き出してみます。

https://spla2.yuu26.com/regular/now

今回の要件を実現するためには、5種類のコンポーネントを用います。

  • URL コンポーネントで、REST API の情報を指定
  • 取得コンポーネントで、URL のレスポンスを取得(メソッドは GET)

iPhoneからREST APIを呼び出して加工する

 
今回取得したいデータは、JSON 内の .result.maps[] となります。

  • パース用コンポーネントで、.result を抽出
  • パース用コンポーネントで、.maps を抽出

iPhoneで取得したJSONを加工する

 
テキストのみ抽出できました。取得結果が2件あるため、横フリックで確認できます。
仕上げとして、通知メッセージに出力します。

  • 結合コンポーネントで、2項目を改行で繋げる
  • 通知コンポーネントで、結果を通知させる

REST APIで取得した内容を加工して通知する

 
これで完成です。(作業中にステージが変わってしまいましたが)
ウィジェットから呼び出すと、ワンタップでステージ情報を確認できます。

作成したショートカットをiOSのウィジェットに追加

 
なお、ここで使用した REST API の詳細については、イカの記事に書いてあります。

ちなみに User-Agent は以下の値でした。URLエンコードで「ショートカット」ですね。

%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88/700 CFNetwork/974.2.1 Darwin/18.0.0

ギャラリーで公開されているショートカットを使う

自分で作成するだけでなく、公開されているショートカットも利用できます。
「指定した URL を iCloud にダウンロード」というサンプルも。

ショートカットで公開されているサンプル

作成したショートカットを共有する

ギャラリーへの投稿機能はありませんが、作成したショートカットは別のユーザに共有できます。
ただのリンクなので SNS でシェアすることも容易です。

作成したiOSショートカットを共有する方法

参考として、ナワバリバトルのリンクを張っておきます。
https://www.icloud.com/shortcuts/0e4cc2619d3740509faed8d0826a3a40

まとめ

iPhone で利用できる公式アプリ「ショートカット」を紹介しました。
利用できるアクションが豊富なため、外部のシステムや API と連携させて遊べる面白いアプリです。

iOS 12 を利用している方は、ぜひお試しください。