ICL手術 (フェイキック IOL) で視力が 2.0 になった体験談 (2)

ICL体験談

この記事は分割記事の後半となっています。(長くなったため分割しました)
ICLの概要、手術までの流れ、手術当日の体験談については前記事を参照ください。

翌日検査

手術翌日にも検査があります。
例の気球を見たり、眼圧を測ったり、視力を再測定したり、先生に目を診てもらったり。30分ほどで完了しましたが、経過良好とのことで一安心。

また、ICL ユーザ向けのカードを受け取りました。
裏面にはレンズの詳細やシリアルナンバーなどが記載されています。私が使用しているのは VICM5 というレンズです。

ICL利用者が保持するカード、レンズ情報などが記載されている

ICL手術前後の視力

事前検査から手術後にかけて、視力がどのように変化したかをまとめました。
(手術実施日は2018年6月です)

測定タイミング左目右目両目
事前検査0.040.07
手術終了 30分後1.21.21.2
翌日1.52.0弱2.0弱
1週間後2.02.02.0
1ヶ月後2.0弱2.0弱2.0弱
3ヶ月後2.02.02.0
6ヶ月後2.02.02.0
12ヶ月後2.02.0弱2.0
24ヶ月後2020/06 検査予定

手術当日は散瞳薬が効いていて手元が見づらかったりしますが、夜には落ち着きました。
翌日には視力も安定し、左目が 0.04 → 1.5右目が 0.07→2.0弱 とかなり見えています。

なお、視力の測定単位は 1.0 → 1.2 → 1.5 → 2.0 となっており、2.0 が一部だけ読めた場合は 2.0弱 といった測定結果になるようです。

ICLを入れてみて

手術後の帰宅時から実感できたのですが、まず 見ている世界の解像度が数倍良くなった ようなイメージです。初めてハイビジョンを見たとき以上の感動でした。

地上の人がビルの高層階からもハッキリ見えたり、遠くにある電車の時刻案内が読めたり、看板や空の色がクリアに見えたり、数日経過した今でも驚きの連続です。外出するたびに辺りを見渡したりしてしまいます。

下の画像だと、赤枠(MEVIUS)は楽々読めて、頑張れば黄枠(三平)も読めるといった感覚です。

ICLで視力が回復してどこまで見えるようになったか

逆に気になった点としては、今回はホール ICL と呼ばれる穴が開いたレンズを入れているため、強い光を見ると光のリングが見えることがあります。
事前説明も受けており意識しないと気にならないレベルですが、神経質な方は止めておいた方がよいと思われます。

メガネを外したメリット

手術翌日の起床時に天井がよく見えて驚くのは ICL あるあるらしいです。
まだ慣れていないこともあり、1日数回はメガネを外そうとした手が空振ります(笑)

  • 起きた瞬間からすぐ見える
  • 着替えや風呂や洗顔時に外す手間がない
  • レンズを洗うなどのメンテが不要
  • 視界が広がる
  • 災害時にメガネの心配が不要
  • 空調の効いた電車やラーメンで曇らない
  • 雨の日に水滴がつかない
  • 温泉に入ったときに効能が読める
  • VR や 3D メガネを使うときに邪魔にならない

ちなみに術後1週間は、外出する際に保護メガネ(花粉対策と同じタイプ)が必要です。

手元の見え方について

ICL を入れた後2週間ほど、目が慣れていないため手元が若干見づらい時期がありました。
メガネの度数を上げた直後の感覚に近く、徐々に慣れていきます。

PC を使う仕事や読書の際は、目が疲れやすいため注意が必要です。
慣れるまでの期間に個人差はあるそうですが、私の場合は3週目にはかなり改善されて問題なくなりました。

運転免許の条件解除

手術後は裸眼(と呼べるのか微妙ですが)で十分な視力が出るため、運転免許の 眼鏡等 を解除しておく必要があります。仮に捕まると条件違反(2点、6,000円)です。

ICLを受けた後は運転免許の条件解除を行う

免許センターでサクッと完了するので、視力が安定したら忘れずに手続きをしておきます。

医療費控除とふるさと納税

ICL は自費診療のため全額自己負担ですが、医療費控除の対象 になっています。
確定申告をすることにより、所得控除の扱いとなって税金が減ります。

と、ここまで書きながら気が付きましたが、医療費控除によって課税所得が減少するため、ふるさと納税を利用して上限ギリギリまで寄付をする方は注意が必要ですね。

また、医療費控除は確定申告必須なので、ふるさと納税のワンストップ特例が使えません。

神戸神奈川アイクリニックで受けました

今回 ICL 手術を受けたのは、神戸神奈川アイクリニックです。症例数の多さや口コミを参考に決めました。→2019年9月から運営母体&クリニック名が変わりました。

レーシック・ICL ともに適応検査は無料ですが、希望者が集中しているようで土日だと数週間先の予約になることもあります。

他に東京都内で有名なクリニックとしては、

などがあります。いずれのクリニックでも、Web から無料検査を申込可能です。

まとめ

  • ICL 手術を受けてサイボーグになりました
  • 両目とも 0.1 未満だった視力が 2.0 に向上しました
  • 手術自体はすぐ終わりますが、その前後が地味に面倒です
  • メリットは沢山ありますがデメリットやリスクもあります

手術からまだ短い期間しか経っていないものの、今のところは結果に満足しています。
コストやリスクの観点から安易に勧められるものではないですが、手術内容やメリット・デメリットについて納得した上であれば検討の余地があるかと思います。

参考リンク: ICL手術体験談ブログ