JR 駅構内の作業スペース「ステーションブース」が快適だった


JR の駅構内で使える作業スペース「ステーションブース」を試してきました。

www.stationwork.jp

電話ボックス型で机と椅子があり、思いのほか快適に過ごすことができたため紹介します。現在は実証実験中のため無料で使えます。


駅ナカ×シェアオフィスの第1弾「ステーションブース」

JR 東日本が始めたシェアオフィス事業の一環で、「STATION WORK」という名称です。

  • 期間 : 2018/11/28 ~ 2019/02/20
  • 時間 : 09:00 ~ 21:00
  • 場所 : 東京駅・新宿駅・品川駅
  • 台数 : 駅ごとに4台ずつ
  • 対象 : 個人および法人
  • 料金 : 無料
  • 予約 : 15分 or 30分枠
  • 制限 : 1人あたり1日30分まで

個室型の ステーションブース 以外にも、コワーキング型の ステーションデスク や、会議室型の ステーションオフィス が登場予定です。

ただし、個人会員で使えるのは ステーションブースのみ となります。


スペース内の設備

見た目はただの電話ボックスですが、中の設備は意外と充実していました。

  • デスク&イス
  • 足元の暖房
  • 24インチモニタ
  • スピーカー
  • Web カメラ(USB-A 接続)
  • 電源コンセント1つ
  • 充電用 USB ポート
  • Wi-Fi
  • 傘立て
  • 非常ボタン

広さは大人が一人ゆったりと座れるくらいで、座り心地は電車のシートに近いです。
30分程度なら快適に過ごせると思います。食事は NG、飲み物だけ OK でした。

モニタの接続端子は HDMI のみで、VGA や USB-TypeC などは接続できません。

天井には照明・換気扇・スピーカーがあり、入室時と退室時刻の5分前に音声アナウンスが流れてきます。(初日で不調なのか、退室アナウンスは鳴りませんでしたが……)


ブース内の Wi-Fi が速い

ブース内で使える無料 Wi-Fi が速くて快適でした。

802.11ac で提供されており、上り・下りともに 100Mbps 以上は出ています。NTTcom 系の回線でした。


通勤ラッシュの駅構内でも快適

今回は、朝9時の品川駅で試してみました。
朝の品川をご存知の方は想像がつくと思いますが、ブースの外は人だらけです。

大混雑の駅内でデスクに PC を広げて過ごす という新鮮な感覚を味わえました。
設置されて日が浅いこともあってか、出入りの際もかなり目立ちます。

しかし外からは見えない作りになっており、遮音性も高いため作業には集中できました。ブースは狭いものの、余計な誘惑が視界に入らない点はメリットかも知れません。


想定される活用方法

パッと浮かぶところでは、次のような活用方法がありそうです。

  • 急な作業が必要になったとき
  • 騒がしい駅から電話を掛けたいとき
  • 仮眠を取りたいとき
  • 待ち合わせまで時間が余ったとき
  • 運転見合わせで足止めを食らったとき

駅で足止めとなったときは、早いもの勝ちですぐに埋まりそうな予感がします。

車でもない限りは、なかなか出先でパーソナルスペースを確保できないため、様々な活用方法がありそうですね。

「ステーションブース」利用の流れ

操作はすべて Web 画面上で完結します。
https://www.stationwork.jp/

  1. Web サイトで会員登録
  2. 場所と時間を指定して予約
  3. 予約時刻になったらブースへ
  4. ブースの QR コードを読み取り
  5. 利用開始

ブラウザ上でカメラを起動して QR コードを読むという処理に驚きました。最近の Web アプリはすごい。

ちなみに、予約のない空き時間であれば QR の読み取りだけですぐに使えます。


JR 東日本「ステーションブース」のまとめ

  • 駅構内にあるブース型の作業スペース
  • 電源、Wi-Fi、外部モニタ、空調を完備
  • 30分以内のちょっとした作業には最適
  • 場所は、東京・新宿・品川の改札内
  • 2019年2月までは無料で利用可能

運用開始時の価格が気になるところですが、設置場所が増えてくると便利に使えそうです。

実証実験中の3駅が近い方は、ぜひ一度試してみると良いと思います。


おすすめ記事

blog.yuu26.com

blog.yuu26.com