Google Chrome Canary で Symantec 証明書無効化を検証

将来的に無効化される Symantec 証明書の検証を行いました。Google Chrome Canary 66 を利用することで、2018年4月以降にエラーとなる証明書の影響を事前に確認することができます。

Nature Remo API でエアコンを操作する

Nature Remo Cloud API を利用して、エアコンの操作を試してみました。始めに Appliance ID を確認し、操作したい内容を POST で送信します。この記事では、実際に使ってみた手順に加え、Slack と組み合わせた応用例も紹介します。

Nature Remo API で部屋の温度・湿度を取得する

スマートリモコン Nature Remo の公式 API が公開されたため、実際に試してみます。Nature Remo には温度センサーが搭載されているため、API 経由で部屋の温度情報を取得することができました。初期設定と API の使いかたを紹介します。

Google Home にプッシュ通知機能を実装する

Google Home にプッシュ通知を実装し、雪が降るまえに自動で知らせてくれる機能を実現しました。プッシュ通知の作り方、IFTTT を使った天気予報との連動方法について紹介します。

富士通製ノートパソコンのリカバリデータ取り出し

富士通製のノートパソコンからリカバリ領域のデータを取り出せたので、各種データの格納先を記録しています。リカバリメディアがない状態から復旧する際に使える情報かもしれません。

Perl + UTF-8 で半角円記号を出力する

Perl + UTF-8 を使って半角円記号を出力させる方法です。日本語環境のキーボードから入力した円記号はバックスラッシュとして扱われてしまいます。そこで、文字コードを直接指定することにより回避する方法を紹介します。

GitLab と Redmine を紐付けるツールを作りました

概要 この記事は、GitLab Advent Calendar 2017 の24日目です。 「GitLab Issue」と「Redmine チケット」を紐付けるツールを作ったお話です。 ピンポイント過ぎて需要はないと思いますが、GitHub 上で公開中です。 github.com 背景 とあるプロジェクトでは G…

LINE Bot を5分で作ってみる (API Gateway 編)

LINE からの Webhook を、API Gateway 経由で LINE Messaging API に繋ぐことで、シンプルなオウム返し Bot を作成しました。アカウントさえ準備すれば、すぐに作ることができます。

Web プログラミングの入門として Bot 開発をオススメする理由

ボット (Bot) Advent Calendar 2017 の 20 日目の記事です。Web プログラミングの入門には「手軽に始められる」「幅広い知識が身につく」「他人に試してもらいやすい」ことなどから、Bot 開発をオススメしています。

Amazon Linux 2 が出たので VMware ESXi で動かしてみる

AWS

Amazon Linux 2 の仮想マシンイメージが公開されたため、VMware ESXi 環境にセットアップして検証しました。構築の流れや、Cloud-Init による初期設定など個人的に引っかかった点について書きました。

ちょっと変わった映画館「立川シネマシティ」の魅力

「立川シネマシティ Advent Calendar 2017」14日目の記事です。東京の立川市にある映画館「シネマシティ」の特徴やおすすめポイント、魅力などを紹介しています。

コマンドラインからサクッと使える Web ツール

コマンドラインから活用できる Web API を紹介しています。グローバル IP アドレスを確認したり、日本標準時を取得したり、新たな UUID を取得したり……スクリプトと組み合わせることでも便利に使えます。

Google Home で新しいサーバを瞬時に作る

Google Home に話しかけるだけで新しいサーバを立ててくれる機能を作りました。AWS EC2 インスタンスを作成して、そのサーバのグローバル IP を喋ってくれます。Dialogflow, Firebase, API Gateway, Lambda などを使用して作成しました。

Google Home で Trello のカードを作成する方法

スマートスピーカーIFTTT 大喜利 Advent Calendar 2017 の 9日目の記事です。Google Home mini から Trello にカードを登録できるようにしました。IFTTT を使って、Google Assistant と Trello を連携させることにより実現しています。

スプラトゥーン2 のステージ情報 Bot を作った話

ボット (Bot) Advent Calendar 2017 の 7日目の記事です。Twitter で公開中の「スプラトゥーン2 ステージ情報bot」のシステム構成と、使っている技術、今後の予定、Spla2 API の宣伝などを書きました。

AWS re:Invent 2017 で気になった発表メモ

AWS

AWS re:Invent 2017 で発表されたサービスの中から、個人的に気になったものや試しておきたい項目をまとめました。AWS Lambda, Amazon EC2, VMware Cloud on AWS, Amazon Elastic Container Service for Kubernetes, Amazon Aurora など。

H2O へのアクセスを User-Agent でブロックする

phpMyAdmin の脆弱性スキャンをブロックするために、H2O に User-Agent ベースのアクセス制限を設定しました。その手順と、作業の途中で知ることができた HTTP のマメ知識について書きました。

Windows Server 2012 R2 で WSUS サーバを構築する(2)

Windows Server 2012 R2 上に、WSUS(Windows Server Update Services) を構築して検証しました。WSUS インストール手順の後半記事です。設定ウィザードから、更新対象製品プログラムの指定やディスクの設定、同期スケジュールの決定を行います。

Windows Server 2012 R2 で WSUS サーバを構築する(1)

Windows Server 2012 R2 上に、WSUS(Windows Server Update Services) を構築して検証しました。WSUS インストール手順の前半記事です。サーバーマネージャーから「役割と機能の追加ウィザード」を使用して導入します。

ファイル名を指定して実行 (Win+R) を高速軽量ランチャー化する

Windows の標準機能「ファイル名を指定して実行」をランチャーとして活用する方法の紹介です。非常に軽く、高速に動作する上、任意のコマンド名でアプリケーションやショートカットを起動することができます。

Datadog で Fastly をモニタリングする

Datadogを使用して、CDNサービスであるFastlyのステータスをモニタリングします。Datadogのアカウントを作成し、Fastlyから発行したAPIキーを登録するだけで利用可能です。無料で試すことができます。

API Gateway + DynamoDB のみで JSON を受け取る

API Gatewayでデータを受け取り、直接DynamoDBに登録します。Lambdaは使用しません。今回は、json形式のCSPレポートを受け取るために、Webサーバではなく、API Gatewayを使用して環境を構築しました。その手順について紹介します。

フォロワー10万人の Twitter bot 運用で学んだこと

Twitterのbot、スプラトゥーン ステージ情報bot(@splatoon_stage)に関する記事です。最終的にはフォロワーが10万人を超えるアカウントとなりましたが、その運営から学んだことについて記載しています。

極小ガラケー NichePhone-S が届いたので開封レビュー

クラウドファンディングのMakuakeで話題になっていた、2台目に最適な極小ガラケー「NichePhone-S」の開封レビューです。iPhone 7よりも薄く、重さも38gしかない小さな端末ですが、その詳細や使用感について記載しています。

#スプラトゥーン2 のステージ情報が取得できるAPIを作りました

Spla2 API - スプラトゥーン2のステージ情報API Web API を作りたいとネタを探していたところに、ちょうどイカの波が押し寄せてきたので作ってみました。ぜひ使ってみて下さい。 この記事ではシステムの裏側について書いてみたいと思います。 (adsbygoogle =…

Trend Micro CTF 2017 - MISC 100 writeup

2017/06/23~24 の日程で、Trend Micro CTF 2017 に参加しました。 時間の都合もあって一部しか参加できませんでしたが、担当して解けた1問の writeup を残しておきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); MISC 100 与えられた .pcap フ…

RTX1210 と AWS VPC 間で VPN 接続を設定する

概要 ヤマハから、Amazon VPC への VPN 接続に対応した RTX1210 向けのファームウェアが公開されました。 今回は AWS VPC と RTX1210 間で VPN 接続を設定してみます。 なお、RTX1210 側は Web GUI を利用します。(CLI版はまた今度……) (adsbygoogle = wind…

Zabbix Server と Zabbix Proxy 間の通信を暗号化する

概要 前回の記事 で、Zabbix Proxy を構築しました。 初期状態では Zabbix Server と Zabbix Proxy の通信が平文となっているため、通信暗号化の設定を行います。 共有鍵方式と証明書方式がありますが、今回は共有鍵方式 (PSK : Pre-Shared Key) を使用しま…

Fastly の無料プランでサイトを HTTP2 / TLS に対応させる

概要 CDN サービスの Fastly では、開発者向けに $50 分の無料トライアルが提供されています。 今回はそのプランで Webサイトを HTTP2 と TLS (HTTPS) に対応させてみました。 手順 1. fastly のアカウント作成 2. 配信サイトの新規登録 3. Free TLS の設定…

CentOS 7.3 に Zabbix Proxy 3.2 をセットアップする

Zabbix 専用のプロキシサーバ「Zabbix Proxy」を、CentOS 7.3 にセットアップしました。 NAT の中にあるサーバを監視することが目的です。 初期構築の手順とDB設定、親サーバとの連携方法、起動時のエラー対処について紹介しています。