RTX1210

RTX1210 で DHCP リース時間を強制する方法

RTX1210 の DHCP サーバ機能を利用して、IP アドレスのリース時間を強制する設定を紹介します。デフォルトのリース時間だけではなく、最大許容リース時間の設定も必要となります。

Telnet を自動化して RTX1210 の DHCP 状況を取得する

RTX1210 から DHCP リース状況を取得するため、Telnet 操作を自動化しました。expect を利用する方法と、echo や sleep を利用する方法の2パターンを紹介します。

YAMAHA RTX1210 で用途に応じてインターネット回線を使い分ける

YAMAHA RTX1210 の「フィルタ型ルーティング」機能を利用して、VPN リモートアクセスのみを別回線へ流すように設定を行ないました。2つのインターネット回線を使い分ける事例として紹介します。

Zabbix Server 3.2 で YAMAHA RTX1210 を監視する

YAMHA RTX1210 を Zabbix Server で監視します。Zabbix エージェントをインストール出来ないため SNMP を利用します。RTX1210 のトラフィックや負荷状況、筐体温度の監視を行うことができます。

RTX1210 と AWS VPC 間で VPN 接続を設定する

概要 ヤマハから、Amazon VPC への VPN 接続に対応した RTX1210 向けのファームウェアが公開されました。 今回は AWS VPC と RTX1210 間で VPN 接続を設定してみます。 なお、RTX1210 側は Web GUI を利用します。(CLI版はまた今度……) 1. IAMユーザ作成 RT…